ユウベル積善社では、地域の皆様がご利用いただける斎場(葬儀場)を、福岡市中央区(福岡斎場)、福岡市城南区(干隈会館)、福岡市南区(家族親族葬ホール油山)、太宰府市(筑紫斎場)にご用意しております。各種斎場(葬儀場)では、諸設備を完備し、大規模な社葬、団体葬から個人葬(お通夜・お葬式)まで細やかな心づかいで皆様の葬儀式典をお手伝いいたします。
ユウベル積善社
サイトマップお問い合わせ
 
TOPページ 会社概要 斎場のご案内 式場設備のご案内 葬祭式典のご案内
法要式典のご案内 ご相談窓口 遺族の為の基礎知識 弔問者の為の基礎知識 ご供花ご注文
遺族の為の基礎知識

その体験をもとにして、イザの場合にはこの程度のことは知っておいていただきたいと思い、福岡近郊のしきたりを中心とした葬儀式典の在り方についてご紹介いたします。

不幸が起きたら 通夜のお勤め
葬儀の準備とこころえ 出棺・火葬に際して
服装・式服について 葬儀後について
ユウベル積善社式典の企画から施行・運営までの流れ
ユウベル積善社式典の企画から施行・運営までの流れ
不幸が起きたら
何はともあれ、まず近親者へのお知らせをして、一刻も早くお越しを願って、ご葬儀を中心とした死後のいろいろなことをどのようにするか、相談しなければなりません。
 

病院で亡くなられたときは

病院でのご遺体処理が終わると普通はすぐに帰宅ということになりますので、病院から自宅まで寝台自動車(霊柩車)を手配する必要があります。「ユウベル積善社」にご一報ください。
 

ご自宅で亡くなられたときは

先ず「ユウベル積善社」にご一報ください。係員が参上いたし、全てご説明お手伝い申し上げます。

ご自宅で葬儀ができないときは

団地・マンション等のため、ご自宅で葬儀がしにくいとき、またご自宅が遠方のために適当な式場(斎場)がない等の事情があるときは当社へお申し付けください。福岡斎場・南斎場・筑紫斎場は、お通夜・ご宿泊からお葬儀に至るまでご自宅と同じようにご利用いただけます。
 

ご遺体の処置と納棺

ご遺体は仏間または弔問の受けやすい部屋にご安置して、頭は北向きか西向きにして、顔には白布かガーゼで覆い、寝具は軽くて薄いものを用います。お顔を見苦しくない程度に湯灌や化粧をなさることは、亡くなった方に対するご遺族のせめてもの心づくしと申せましょう。
ご遺体のお召替えは納棺のとき、当社係員が真心をこめてお手伝いご奉仕いたします。
 

枕飾り・枕経

枕元に五具足を置いた枕飾りを用意して、御仏飯を供え灯明線香をあげ霊を弔います。
 

死亡診断書と死亡届の手続き

死亡届は七日以内に死亡地または本籍地、もしくは届出人(親族)の現住所の市区町村役場へ届け出なければなりません。(法律では七日以内)
届け出の方法は、用紙が死亡届と診断書とで一枚になっていますので、まず診断書の方に医師が必要事項を記入して記名捺印(実筆の場合は捺印省略可)し、死亡届の方は届出人が記入捺印します。
役所への届け出は、「ユウベル積善社」が責任をもって代行いたします。
 
トップに戻る
お通夜のお勤め
お通夜はお葬儀の前夜に行いますが、故人と最後の一晩を夜を通じて過ごすことから通夜と呼ばれます。
 

お通夜の時間

今では冬なら午後6時頃から、夏なら午後7時頃から僧侶の回向をいただいて、ご遺族、ご親族が焼香をした後、ご弔問客が故人の冥福を祈り焼香をします(通夜式)が、家によっては知合いの念仏講の方々を招いてご詠歌をつとめる場合もあります。
通夜式場が手狭な場合は、別に控所を用意することも必要です。ご弔問者がお帰りの際は、粗供養品の渡し洩れがないように気を配りましょう。
 

お通夜終了後には

儀式を終えると客一同に略式の酒肴や軽い食事、茶菓子等を出す場合があります。
適当な時間になれば「明日もございますでしょうから」と言って引き取ってもらいます。ご弔問者が帰られた後は、故人の最後の夜をご遺族・近親者が交替でお守りし、霊前の灯りや香を絶やさないようにしてご冥福を祈りたいものです。
 
トップに戻る
お葬儀の準備とこころえ
葬儀はご遺族・ご親族、特に親交のあった人たちが故人のご冥福を祈る儀式であり、告別式は一般の縁者が故人との永別を惜しむための儀式として執り行われていますが、ほとんどの場合はこの二つの儀式を同時に行います。
 

喪主を決める

故人に最も近い続柄の人を選びます。
 
 
すぐに連絡してお参りの依頼をし、お通夜・お葬儀の時間を打合せします。寺院・神社とのお付合いがない場合にはご紹介もいたします。
 

僧侶・神職・牧師さんとの打合せ

日時は第一に喪主・ご遺族・ご会葬者の都合等を考え、第二に死亡の通知が全般に行届く時間などを計算して決めます。場所は自宅にするか他所にするか、規模・ご会葬者の員数等により周囲の方々との相談も必要です。
また、火葬場の予約時間も参考にしなければなりません。
 

ご葬儀の日時・場所を決める

人数を予測するのは大変困難なことですが、式の規模をきめるにも、粗供養・料理等を用意するにも、この人数の見込をたてることは重要なことです。
 

ご弔問者・ご会葬者数の見込をたてる

一般的に多いのは個人葬ですが、交際範囲が広くご会葬者が多数になるような場合、または住宅事情により葬儀専門式場を利用する方が多くなってきています。
費用は葬儀式典規模の大小によって種々の段階に分かれています。故人にふさわしい規模としたいものです。
 

ご葬儀の規模・費用を決める

喪主やご遺族は常にご遺体を見守りご弔問者の応対をしなければなりませんから、同時にお葬儀万端のことまで気を配ることは不可能です。そこで極く親しいご親族の方々に鄭重にお世話をお願いして、必要な事柄を分担してもらい式が円滑に落度なく進むようにしたいものです。
弔辞は故人と特に親しかった関係者に、ご遺族から早めにお願いして式中に読んでいただきます。一人約3分位が適当な時間です。
 

お世話役・弔辞をお願いする

お葬儀の時に最も問題が多く難しいことは、親戚関係の焼香順位の決定です。今日では焼香順と相続問題が絡むことがなくなりましたが、多勢の人の中には必ず問題にする人がいることを心得ておくべきでしょう。家の事情を考慮して後々問題が残らないように、親戚の長老等に相談されて順位をお決めになるのがよい方法です。
 

焼香順の決め方

式の進行は遺族の宗旨によってそれぞれのしきたりに従って行いますが、僧侶・神職・牧師さんの司式によって当社係員が落度のないように進行しますから、安心しておまかせください。
社葬の場合は喪主に代わって、会社を代表する葬儀委員長が中心になって葬儀・告別式を運営します。従って葬儀規模も大きくなってきますから、会社側と充分な事前打合せを要します。
 
TOPに戻る
出棺・火葬に際して
お葬儀が終わると、近親・縁故者が生花等を故人に捧げて永別を惜しみます。その後、柩を霊柩車に移しますが、ご遺族及びお位牌・ご遺影奉持者は柩に従います。
 

出棺時のあいさつ

ご挨拶に立つ人は近親者とお位牌・ご遺影奉持者とし、その他の親族・縁故者で火葬場送りをされる方はご挨拶中も近くで同席し、ご挨拶が終わるまで頭を下げておくのが会葬者へのエチケットと申せましょう。
 

出棺後について

出棺の後は責任のある方お一人以上は残っていただいて、当社係員の祭壇片付け、返礼品残整理、お供物の整理、お部屋の片付け、仕上料理の持込み等について種々お指図くださることが望ましいと思われます。
 

葬祭場(火葬場)において

火葬場へ到着したらまず火葬手続きを致しますので、死亡届の時の「火葬許可証」を絶対忘れずに持参しなければなりません。
炉前に入る前に告別室でご焼香をします。火葬の所要時間は普通体の故人で約二時間程かかります。
お骨上げは近親者の方々により、係員の案内によって収骨します。
 

遺骨の帰宅

火葬場から戻り、お位牌・ご遺影・お遺骨を祭壇に安置し、灯明をつけ焼香をあげます。近年、葬儀当日に僧侶の初七日法要の読経をいただく場合もあります。
 
TOPに戻る
服装・式服について
平服は避けたいものです。最近では急のことで礼服が間に合わない時や、遠方から来られる時に、貸衣裳を利用される方が増えてきています。係員へご用命いただければ、お届けいたします。
 

お通夜の服装について

お通夜までの喪主・近親者の服装は必ずしも喪服に着替える必要はなく、地味なお召物でよいでしょう。結婚指輪以外の指輪、ブローチ等の目立つものは身に付けないようにしてください。
身内だけの近親通夜なら略喪服、一般お通夜なら正式喪服になります。男性の場合は正式といってもモーニングは昼の礼服ですから黒のスーツでよいでしょう。
 

お葬儀当日の服装について

ご遺族・近親者及びお世話人代表の方々は礼装をお召しになります。男性はモーニング・略礼服、または紋付、女性は喪服または黒いスーツが多いようです。
 
TOPに戻る
葬儀後について
何かと心労の多かったお葬儀も滞りなく終わってホッとする間もなく、各関係先への御礼や挨拶、逮夜法要等も引続いてしなければなりません。
ユウベル積善社ではご遺族の心身共のご負担を、幾分でも軽くしていただくためのお手伝いをいたしておりますので、何なりとお申し付けください。
 

事務・会計のひきつぎ

お遺骨が帰宅された後に、滞りなく葬儀式典を終わらせていただいたことを葬儀委員の方々にお礼を申し上げ、帳簿等事務の引継ぎを受けます。
 

世話役や会葬者への御礼挨拶

お世話役や特に世話になった近所の方々には、従来は「しあげの料理」を召し上がってもらいお供養としていましたが、最近はこれに代わるものとしてお礼の品を差し上げるようになりました。
ご会葬者には式後なるべく早く改めてお礼状を郵送しますが、ご会葬の時に粗供養に貼付した礼状を渡してありますので適宜に省略する場合もあります。
 

僧侶・神職・牧師さんへの御礼

金額は世話役代表から直接聞かれるのが良いかと思われますが、「志で結構です」と言われる場合にはお葬儀の規模・喪家の経済事情、寺院とのお付合いの程度を考え、また近親者や近隣の長老等にも相談をして決めるべきでしょう。
 

忌中法要について

忌日には故人の供養追福を願って、簡素であっても心のこもった法要を営みたいものです。忌日は死亡日から数えて七日毎に七回と月忌・百ヶ日ですが、法要はお逮夜として忌日の前夜に行われる場合があります。
 

香典返しについて

故人へのご芳志をいただいた方には、喪主の謝意を表す形としてある程度の香典返しをする習慣があります。
よく用いられるものとしては繊維製品や陶器等の器物、お茶等が多いようです。金額は香典額の3〜5割見当です。送り先名簿を作り忌明の2週間程前には弊社係員へご用命いただければ、百貨店ご発注のお手伝いをさせていただきます。
 
 
Copyright 2016 UBL sekizensha all rights reserved.